Skip to content

レーザー脱毛は肌に影響はないのか

レーザー脱毛を行う時には、レーザーが体毛の周囲にある肌にも照射されます。

そのために、脱毛効果があるようなレーザーが肌に照射される事によって肌に何か影響が出ないかどうかを気にする人もいます。その点については考えられた上で行われているのがレーザー脱毛であるので心配はないです。レーザー脱毛のレーザーは体毛の中に含まれている色素のメラニンがエネルギーを吸収しやすく、肌は吸収しにくい光に調整しています。

その他にも出力と照射時間を調整する事で、脱毛効果が得られて肌には影響が出ないようになっているのです。ただ、全く肌には問題が無いという訳では無いので、肌に影響を与える事が内容に施術を行う前には肌をチェックしながら行います。

例えば、色黒であったり日焼けをしている肌に対しては行う事が出来ないです。肌が黒くなるのはメラニン色素が多く含まれているからであり、先ほども説明したようにメラニンが吸収しやすい波長の光を用いているので、そのような状態の肌にレーザーを照射すると肌が発熱してしまうのです。

肌に光を照射する事で皮膚ガンになる心配を気にする人もいますが、その点については心配はないです。皮膚ガンの原因というのは紫外線であり、レーザー脱毛では紫外線とは全く異なる波長の光を用いているからです。また、光は透過性はほとんど無いので光が肌を透過して臓器にまで影響を与えるという事も無く、安心して施術を受けて大丈夫です。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *