Skip to content

医療脱毛を受ける時の痛みについて

医療脱毛では医療レーザー脱毛による施術が中心になるのが特徴ですが、医療レーザーと言っても色々な種類が在り、医療脱毛の施術を行う病院やクリニックなどにより異なります。

しかし、医療脱毛の脱毛効果は高いのが特徴です。医療レーザーのレーザー光線は強いため、肌へのダメージも多少なり与える事になりますが、レーザーの照射については冷却を行う事、そして痛みを強く感じるようなデリケートゾーンなどについては麻酔を行う事が出来ると言った特徴も在ります。

一般的に、レーザー光線を照射させると輪ゴムを使って弾かれたような痛みを感じる事になります。これはレーザー光線の光出力が高い証拠であると同時に、脱毛の効果を得ている証拠でもあると言う事です。肌に照射したレーザー光線は黒いメラニンに吸収され、熱エネルギーにより発毛組織を破壊する作用が在り、この時の熱エネルギーが痛みを感じさせていると言う事です。

医療脱毛では成長期と言う毛のサイクルに対する作用が在るため、脱毛を繰り返す事で毛量が減少して行き、成長期に入る毛量が無くなっていくことになります。この時、脱毛時の痛みは徐々に減ることになるのも医療レーザーによる医療脱毛の特徴でもあり、脱毛初回から2~3回の頃と比較すると、脱毛完了間際での痛みは少なくなり、永久脱毛を得る事が出来ると言うのが特徴です。尚、脱毛のタイミングは個人差や脱毛する部位により異なりますが、1~3ヶ月に1度の割合で施術を受け、3回から6回の施術で効果を得る事が出来るのが特徴です。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *